« Norwich 20日目 | トップページ | Norwich 22日目 »

2014年3月 5日 (水)

Norwitch 21日目

朝 少し小雨が降っていた
朝ごはんを食べているとマザーに
紅茶をマーク&スペンサーで買ってきてくれと頼まれた

そういえばら2週間前に同じものを買って帰ったはずだが
もう全部飲んでしまったのかとびっくりした

1日に紅茶を6杯も飲むのだから
なくなるのも早いわけだ


Blickling hall まではNorwitchからバスで約30分ほど

雨上がりで霧が深かった

バスの窓からも見ていたがとても綺麗な田舎町である
ノーフォークイングランド
というところ存在する



Blickling hallはアンブーリンの生家で
ジェームス1世の主席裁判官のヘンリーホバート卿が1616年に購入したものである

着いたのは10時ごろ
13時まで自由時間なので
アフタヌーンティーを楽しむことにした

クリームティーを頼んだ
スコーンは少しパサパサしていて硬かったが
これが現地の紅茶と良く合うのである

それからBlickling hallの中の中を見学したImage


Image_2


Image_3


Image_4


Image_5


入ってすぐに巨大なステンドグラスが出迎えてくれる

古びたアンティーク風の大きな階段が真ん中にあって
壁には多くの肖像画が飾ってあった

アンブーリンの部屋、応接室、キッチン、バスルーム

絵画が飾ってあるように描かれた部屋

人も少なくゆっくりできて館内の人にも話を聞くことができた


外に出ると大きな庭があった
本当にピーターラビットの世界である
土のいい匂いがする

遠くを見てもずっと草原が広がっていた


それからまた約30分ほどでバスに乗ってShearing hamというところに行った


港町でフィッシュアンドチップの店や可愛い雑貨店が並んでいる

そこを通りすぎると海が見えた

一体なんという海なのだろうか
想像もつかないが
こっちにきて海を見たことがなかったからとても新鮮だったImage_6


Image_7


Image_8


Image_9


とりあえずフィッシュアンドチップスを食べなければ!という衝動に駆られたので
海に近い美味しそうな店に入ることにした

今回は4人でlargeを分けることにした

はやりこっちのほうがおいしい

揚げた油というよりも魚のおいしい油を感じることができた

それから可愛らしいアイスクリーム屋さんに入った

大好きなピスタチオアイスをたべた

それから一人で港町をぶらぶらした

雑貨屋や本屋に入ったり

それから古い教会を見つけたので
思いきって入って見ることにした

重い扉を開けると中は立派なステンドグラスが見える

人影が見えたので
中に入っていいか
聞くと

もっと中に入ってきて
教会を1周してごらん
と言ってくれた

とてもいい思い出になった

それからNorwitchのcity centerへ戻り
マーク&スペンサーで紅茶とバタークッキーを買ってから
日本食を食べることにした

ワガママ

という日本食屋さんへ行った

入ってみると超満員である

わたしは美味しいという噂のヤサイカツカレーを食べることにした
Image_10


見た目はヤサイカツカレーである
しかしたべてみるとルーが苦い
わたしはてっきりカツが入っているのだと思っていたのだが

野菜があげてあるものが入っているだけだった

ご飯は久々の日本米で美味しかった


緑茶はフリーだと書いてあったので飲むと

とても薄い
というよりもお湯のような気がした

少し興味半分に透明のグラスにうつしてみると
ほとんどお湯だった

コップに緑色が塗ってあるのは
意図的なのかとても気になったがあまり考えないことにした


家に帰ったのは9時半ごろ
違う車が止まっているとおもったら
お隣さんが遊びに来ていた

明日はまたまたロンドンへ行く


« Norwich 20日目 | トップページ | Norwich 22日目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2008211/55251589

この記事へのトラックバック一覧です: Norwitch 21日目:

« Norwich 20日目 | トップページ | Norwich 22日目 »

フォト
無料ブログはココログ